転職に使える【調和性】自己PR例文|ストレングスファインダー

転職・就職活動で自己PRが書けないとお悩みの「調和性」の方へ。

「調和性の強みを活かした自己PR例文」をご紹介します。

例文を見ることで、ご自身の過去の経験や体験を思い出すきっかけにもなり、自己PRを真っ白な紙から書き始めるよりも圧倒的に効率的に進められます。

何を書いたら良いか分からないと悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

ご注意:例文はそのままでは使えません。記事の最後に例文から自分らしい自己PRにする方法もお伝えしますのでぜひ最後までお読み下さい。

目次

おさらい:【調和性】(ストレングスファインダー)とは?

自己PRを作成する前に、【調和性】について簡単におさらいをいたします。

▼【調和性】を詳しく知りたい方は下記の記事を参考にして下さい。

【調和性】の基本

【調和性】とは、人々がスムーズに協力し合えるように、平和的でバランスの取れた環境を好む資質です。この資質を持つ人は、グループ内での対立を避け、人々が一致団結できるような方法を模索します。彼らは、意見の違いを認め、それを乗り越えて共通の目標に向かう方法を見つけ出すのが得意です。

【調和性】の持つ力

【調和性】を持つ人は、チーム内の緊張を緩和し、円滑な関係を築くのに役立ちます。彼らは、人々が互いに協力し合い、和やかな雰囲気の中で仕事を進めることを重視します。これにより、チーム全体の効率と士気が高まります。

【調和性】が自己PRで使える強みとは?|ストレングスファインダー

次に転職・就活の自己PRに使える【調和性】の強みの一例を紹介します。

  • チーム内での調和促進
    共感性を持つ人は、チームメンバーの気持ちを理解し、調和を促進することが得意です。自己PRでは、「チームの雰囲気を良くするために常に努めています」という点を強調しましょう。
  • 問題解決における人間理解
    他人の気持ちを理解することで、問題の本質を見抜く力があります。自己PRでは、「人の気持ちを理解することで、根本的な問題解決に貢献します」という視点を伝えましょう。
  • 顧客との深い関係構築
    共感性は、顧客やクライアントとの関係構築にも有効です。「お客様の気持ちを深く理解し、満足いただけるサービスを提供することに注力しています」とアピールできます。

共感性は、人間関係を円滑にし、チームや組織において重要な役割を果たします。自己PRでは、この共感性を生かした具体的なエピソードや成果を前面に出すことで、あなたの価値を明確に伝えることができます。他人の気持ちを理解し、それに応じて行動する能力は、どんな職場でも求められる重要な資質です。この才能を大切にし、あなたのキャリアの強みとして活かしていきましょう。

【調和性】が職場で活かせる強みとは?|ストレングスファインダー

調和性】の強みが職場や会社でどのような場面で発揮されるかを見ていきましょう。

以下はその一例です。

  1. コンフリクトの解消
    「調和性」を持つ人は、職場での対立や緊張を和らげるのに長けています。彼らは、異なる意見や立場をうまく調和させ、平和的な解決策を見つけ出すことが得意です。これにより、チーム内の不和を減らし、プロジェクトの円滑な進行に貢献します。
  2. チームワークの強化
    調和性を持つ人は、チームメンバー間の協力を促進します。彼らは、メンバーが一致団結して働けるような環境を作ることに貢献し、その結果、チームワークが向上します。
  3. 快適な職場環境の構築
    調和性を持つ人は、働きやすい職場環境を作るのに貢献します。彼らは、ストレスや緊張が少ない、和やかな雰囲気を作り出し、全員がリラックスして働けるように努めます。
  4. 効率的な意思決定のサポート
    調和性のある人は、グループ内での意思決定をスムーズに進めることに貢献します。彼らは、異なる意見を尊重しながらも、共通の意見に導くことで、決定過程を円滑にします。
  5. 多様性の尊重
    調和性を持つ人は、多様な背景を持つ人々の意見を尊重します。彼らは、異なる視点を受け入れ、それをチームの強みに変えることができます。これにより、多様なアイデアや解決策が生まれることに寄与します。

調和性は、職場での対立の解消、チームワークの強化、快適な職場環境の構築、効率的な意思決定のサポート、多様性の尊重といった、職場における重要な役割を果たします。この資質を持つあなたが、これらの強みを最大限に活かすことで、職場はより生産的で快適な場所となるでしょう。

【調和性】の自己PR(例文)4選|ストレングスファインダー

   自己PRを作成する際に役立つ、調和性の強みを活かした自己PRの例文を4つ紹介します。これらの例文を、あなたがどのように個性と能力を表現できるかのヒントにして下さい。

自己PR例文 1|チーム内の調和と目標達成

私の強みは、チーム内の異なる意見をうまくまとめる能力です。以前の職場では、様々なバックグラウンドを持つメンバー間の対立を和らげ、共通の目標に焦点を合わせることで、みんなが一致団結して目標達成に至りました。新しい職場でも、この能力を活かして、効率的な業務運営とチームの結束力を強化していく自信があります。

自己PR例文 2|異なる意見の調和と生産性の向上

私の強みは、異なる意見を調和させ、チームの効率を高める力です。以前の職場で、対立する意見を持つメンバー間の平和的な解決策を見つけ出すことにより、職場の生産性を大きく向上させました。この経験を生かし、新しい環境でもチームの和を保ちながら、効率的かつ創造的な職場環境を築いていきたいです。

自己PR例文 3|人間関係の改善とチームの士気向上

私の強みは、人間関係を円滑にし、チーム内のストレスを軽減する能力です。職場での人間関係の改善に積極的に取り組み、チームメンバーの士気を高めることで、全体の生産性を向上させました。新しい職場でも、この能力を活かしてチームワークの強化と効率的なプロジェクト進行に貢献したいと考えています。

自己PR例文 4|効率的な意思決定とクリエイティブな環境の構築

私の強みは、異なる意見や立場を持つ人々をうまくまとめ、意思決定をスムーズに進める力です。これまでの経験を通じて、効率的なチーム運営を実現し、クリエイティブな能力を最大限に引き出すことができました。新しい職場でこの能力を発揮し、生産的な成果を生み出すことに貢献したいです。

▼お知らせ「ストレングスファインダー」x「ChatGPT」自己PR無料作成

自己PRが進まないと悩んでいる方へ、本サイトではChatGPTを活用した無料の自己PR作成サービスを提供しています。

LINEにストレングスファインダーの「資質」と「希望職種」を送るだけ、

ChatGPTで作成したあなただけのオリジナルの【自己PR】を4個お届けします。

\ストレングスファイダーとChatGPTで自己PR無料作成

個人情報不要!

【調和性】の自己PRを完成させるための4ステップ|ストレングスファインダー

上記の例文を使い自己PRを完成させるステップを紹介します。

自己PRの作成に悩んでいる人はぜひトライして下さい。

以下のステップで自己PRを完成させましょう

▼例文から自己PRを作成するステップ

STEP
過去の成功体験を思い出す

過去に成功した事や思い出し、メモに書き出します。

思い出すのは、楽しかった仕事でも大丈夫です。

STEP
強みとの関連性を考える

その成功体験や楽しかった事に自分の強みがどのように関与していたかを思い出します。

STEP
例文を選ぶ

例文の中からあなたの成功体験に最も近い例文を選びます。

STEP
例文を修正する

選んだ例文をあなたの体験に合わせて書き換えたり追記をしたりします。

STEP
完成

完成した自己PRは声に出して読んでみましょう。

 コツは、成功したことや自分自身が楽しかった事を思い出してから書き始める事です。これにより脳が活性化し、文章がとても書きやすくなります。

【調和性】あなたの経験を加え自己PRにリアリティを!|ストレングスファインダー

自己PRの作成において、具体的な経験や体験の共有は非常に重要です。経験や体験に基づいた自己PRは、あなたのキャリアやパーソナリティの実態を明確に示し、面接官に対して強い印象を与えます。

自己PRに経験や体験を追加する時の3つのポイントを紹介します。

①具体的に書く
具体的な状況や経験を明確に描写することで、あなたの話に信憑性と深みを加えます。例えば、「チームリーダーとして、新しいマーケティング戦略を立案し、実行した経験があります」という表現は、「マーケティングに関する経験が豊富です」という一般的な表現よりもずっと具体的で説得力があります。

②チームに貢献できたことを書く
自己PRでは、チームやプロジェクトにおけるあなたの具体的な貢献を強調します。どのようなアクションを取り、それがどのようにチームやプロジェクトの成功に寄与したかを示せると良いです。たとえば、「私の提案したデジタルマーケティング戦略により、プロジェクトのリード数が前年比で30%増加しました」というように、具体的な成果を述べられるとよいです。

③数字を使う
あなたの行動がもたらした具体的な結果や成果を数字で示せるとさらに良いです。数字で示せるとあなたの能力と効果を強調することができます。成果は量的なデータ(例:売上の増加、コスト削減の割合)や質的なデータ(例:顧客満足度の向上、チームの士気向上)で示すと興味を引く事ができます。

自己PRにおいてこれらの要素を組み合わせることで、あなたの個性、スキル、経験が一つの鮮明なストーリーとして伝わります。あなたの経験は単なる出来事ではなく、あなたの個人的な成長や職業的成果を示す強力な証拠となります。自己PRを完成させ、自信を持って、あなたのストーリーを語りましょう。

【調和性】自己PR例文まとめ|ストレングスファインダー

調和性という資質は、転職時の自己PRで非常に有効です。この資質を最大限に活かすためのPR作成のポイントを以下にまとめます。

  1. コミュニケーション力
    調和性を持つ方は、異なる意見を調和させるコミュニケーション能力が高いです。職場での対立や問題を穏やかに解決した経験を具体的に挙げ、円滑な人間関係の構築にどう貢献したかを強調しましょう。
  2. チーム内の平和維持者としての役割
    自己PRでは、チーム内の調和を保ち、平和な職場環境を作るための努力をアピールします。コンフリクトの解消やチームメンバー間の橋渡し役としての具体的なエピソードが効果的です。
  3. 多様性への対応力
    調和性を持つ人は、多様なバックグラウンドを持つ人々と効果的に協働できます。この点を強調し、多様なチームでの働きやすさを示しましょう。
  4. ストレス管理と生産性向上への貢献
    調和性を活かして、職場のストレスを軽減し、生産性を向上させた事例を紹介します。これにより、あなたがチームの士気や効率にどう影響を与えるかを示すことができます。

まとめ
調和性は、チームワークの促進、コミュニケーションの向上、多様性への適応、ストレス管理といった面で大きな強みを発揮します。これらのポイントを転職時の自己PRに取り入れることで、あなたの能力を際立たせ、新しい職場での価値を効果的に伝えることができるでしょう。

▼最後に公式LINEのお知らせ

本サイトの【公式】LINEでは実際に書類審査を通過した自己PRのエッセンスを凝縮した例文10選を無料配布しています。ぜひこの機会にご登録いただきご活用頂ければ幸いです。

\自己PR事例10選無料配布中

良い自己PRに共通する秘密も公開

目次