転職・就活活動で【ChatGPT】を使う前に知っておきたい全知識

ChatGPT 使う前に知って欲しい事

「転職・就活活動においてChatGPTをどのように使うのか?」と疑問をお持ちの人へ

ChatGPTとは、リリースから2ヶ月で1億人が使った人工知能を用いた検索サービスです。

自然な文章で会話する事ができ、文章の作成や添削も人工知能が行います。

相談する相手が少ない転職・就職活動において、文章の作成と添削ができるChatGPTは優秀なアシスタントとして期待する事ができます。

この記事では、転職・就活活動でChatGPTを使う前に知っておいて頂きたい内容をご紹介します。

さらに具体的な転職・就活活動の場面でのChatGPTの活用方法についてもご紹介しますので、ぜひ最後までお読み下さい。

ChatGPTはまだまだ発展途上なので、情報が入り次第、本記事の内容を随時更新していきます。

目次

ChatGPTとは?転職就活に使える?

まず最初にChatGPTとはどんなものなのか?簡単に説明いたします。

 ChatGPTとは何か

ChatGPTとは、OpenAIが開発した人工知能プログラムの1つです。

すでにリリースされているものは、大学の論文テストも合格するレベルにあり、会話レベルも非常に自然です。

2022年11月にリリースされてから100万人のユーザーを獲得するまでにかかった日数はたったの5日間でした。

これはインスタグラムが100万人を獲得するまで75日、フェイスブックが100万人のユーザーを獲得するまで310日かかっています。

ChatGPTはインスタグラムの15倍、フェイスブックの62倍の速さで100万人を達成しました。

この数字だけでもChatGPTのポテンシャルは計り知れると思います。

ChatGPTのアドレスは下記です。
>>CHatGPT【公式】HP https://chat.openai.com/

ChatGPTの特徴と利点

一言で言うと、ChatGPTは24時間いつでも利用可能なアシスタントやアドバイザーのような存在です

ChatGPTの最大の特徴は、人間が書くような文章で人工知能と質疑応答ができる事です。

今まで「転職 自己PR」とキーワードで検索し情報を集め文章を作成していたものが、

「転職で使う自己PRを作って」と入力するだけで、転職に使う自己PR用の原稿がすぐに出力されるようになりました。

作成される文章は、条件を変えればその条件にあわせて変更する事ができます。

例えば、同業他社への転職、あるいは未経験の職種への転職など、自分の条件を変えることで自分だけの志望動機や自己PRを作成する事ができます。

ChatGPTのデメリットと注意点

ChatGPTは発展途上中の人工知能プログラムです。そのため100%正確な回答を保証することはできません。

それでも得られるメリットが大きいので、ChatGPTの回答の癖を理解しつつ上手く使っていくのがChatGPTを使いこなすコツになります。

本記事ではChatGPTの癖も考慮し、難しい知識が不要でだれもが簡単に使える方法を紹介しています。

ChatGPTが使える転職・就活活動の具体的場面

転職・就活活動を行う上で、ChatGPTは多くの場面で役立つことができます。ここでは、ChatGPTを利用することで、転職・就活活動における具体的な場面を紹介します。

①自己PRの作成

ChatGPTを利用することで、自己PRを効率的に作成することができます。

ChatGPTに自分の情報を加えることで、自動で自己PRの草案を簡単に作成する事ができます。

出来上がった草案を自身で推敲する事により、0から作成するよりも早く効果的に自己PRを作成することができます。

自己分析が十分にできてなくても、自己PRを作れる方法は次の記事で紹介しています。

②志望動機の作成

ChatGPTを利用することで、志望動機を効果的に作成することができます。

ChatGPTに自分の応募する企業の情報を追加する事で、より適切な志望動機を作成することができます。

コピペするだけで「志望動機」の草案が作成できる方法は次の記事で紹介しています。

③企業分析

④面接の対策

ChatGPTを利用することで、面接でよく聞かれる質問や自己アピールの方法、求められる人物像などについてアドバイスをもらうことができます。また、スピーチやプレゼンの原稿の添削などにも利用できます。

面接は、転職・就活活動において最も重要な場面の一つです。ChatGPTを利用することで、面接の対策を効果的に行うことができます。たとえば、ChatGPTによる模擬面接を行うことで、より実践的な面接対策を行うことができます。また、ChatGPTが提供するアドバイスを活用することで、面接での回答や態度の改善を行うことができます。

以上のように、ChatGPTを利用することで、転職・就活活動における様々な場面で役立つことができます。ChatGPTは、情報の収集や整理、アドバイスなど、多くの場面で支援することができます。しかし、ChatGPTを利用することはあくまで補助的なものであり、自分自身の判断力や努力も必要不可欠です。

面接での頻出質問「あなたの短所はなんですか?」に対する答えの作り方をご紹介した記事になります。

転職・就職活動でChatGPTが「できる」4つの事

転職・就職活動で、ChatGPTはあなたの強い味方になります。

ChatGPTは、様々なタスクを効率的かつ正確にこなすことができます。以下では、ChatGPTが転職・就職活動でどのようなことで使えるか、具体的な例を4つご紹介いたします。

■転職・就職活動でChatGPTが「できる事」
①企業情報の要約
②キャリアアドバイザーの目線でアドバイス
③原稿の文字数調整
④文体の変更

以下に、それぞれの詳細を解説いたします。

①企業情報の要約

ChatGPTは、大量の企業情報を簡単に要約することができます。

例えば、いままでの検索方法では自分の興味のある業界や職種について、多数の企業が存在している場合、それらの企業情報をすべて個別に調べるのは非常に手間がかかりました。

しかし、ChatGPTを使えば、それらの企業情報を要約してまとめることが可能ですので、自分が興味ある企業を効率的に見つけることができます。

②キャリアアドバイザー目線でのアドバイス

ChatGPTは、キャリアアドバイザーの目線でアドバイスをくれることができます。

例えば、自分の職務経歴書や自己PRをChatGPTに入力することで添削する事ができます。

より良い書き方やアピールの仕方を具体的にアドバイスしてもらうことが可能です。

また、自分のキャリアプランや今後の方向性についても、ChatGPTに相談することも可能です。

③原稿の文字数調整

ChatGPTは、原稿の文字数を調整することができます。

職務経歴書や自己PRなどの書類には、原稿の文字数に制限があることも多いと思います。

例えば、自分が書いた自己PRの文字数が短くしたい場合、ChatGPTに「この文章を○文字にして」と入力するだけで、希望する文字数の文章に調整する事ができます。

④文体の変更

ChatGPTは、自分が書いた文章の文体を変更することができます。

例えば、ビジネス文書用のフォーマルな文体から、小学生に説明するようなフレンドリーな文体まで内容を変えず変更することもできます。

職務経歴書や自己PRなどの書類には、ビジネスライクな文体が求められます。しかし、書き慣れていないような場合なかなか仕上げるのに手間取りますが、ChatGPTで入力すると簡単に修正することもできます。

まずは内容に集中して文章の骨格を作り、最後にビジネス文章に修正することで、自分が本来伝えたいことを、ビジネス用の文体で表現することができます。

転職・就職活動でChatGPTが「できない」3つの事

転職・就職活動だけではありませんが、当然ながらChatGPTには「苦手なこと・できないこと」もあります。

以下では、ChatGPTの「苦手なこと・できないこと」について、いくつかの例を紹介します。

①時事ネタは苦手です

ChatGPTは新しい情報は知らない事が多いです。

ChatGPTは2021年ごろのデータでできていると言われています。

たとえば、最新のニュースや話題について質問された場合、ChatGPTが的確な回答をすることができない場合が大半です。

最先端の技術のものが、最新情報を知らないなんて。。と思う人もいるかもしれませんが、

AIが学習するのに多くのデーターと学習時間が必要になるため、ChatGPTにとっては時事ネタはとても難しいところです。

②ローカルな情報は分かりません

ChatGPTは地方の局地的な情報やローカルの情報は分かりません。

ChatGPTは、ある程度の一般的な情報には対応できますが、地元の美味しいレストランや有名人などの情報については知らない事が大半です。

たとえば、特定の地域における求人情報や、その地域ならではの企業情報などについて、ChatGPTは正確な情報を提供できない場合が多いです。

AIが情報を覚えるのには、膨大なデータが必要です。少ない情報だと十分なデータが集まらないためChatGPTの内部データーとして扱われない可能性が高いです。

③専門的すぎること

ChatGPTは、専門的すぎることについては分からない事があるが多くなります。

自然言語処理に基づいているため、ある程度の一般的な知識には対応できますが、。たとえば、特殊な医療や特殊な金融などの専門的な知識や用語について、ChatGPTが正確な回答をすることは難しいとされています。

専門的すぎることも情報がすくなすぎるためAIが使える情報にはなりません。

以上のように、ChatGPTを使いこなすには、「苦手な事・できないこと」を理解して使うのが重要です。

自分自身で正確な情報を確認しながら使う事で効率的に使う事ができます。

ChatGPTを転職・就活に活用すると何が変わるのか?

転職・就活において、ChatGPTを利用することで、様々なことが変わることがあります。ここでは、ChatGPTを利用することで、転職・就活において何が変わるのかについて解説します。

企業分析が早く進む

転職・就活をする上で、情報収集は非常に重要な要素です。ChatGPTを利用することで、様々な求人情報や企業情報を短時間で収集することができます。また、ChatGPTはAIによる言語処理技術を用いており、膨大な情報を分析し、まとめてくれるため、より効率的に情報収集を行うことができます。

自己理解を深める事ができる

自己PRの作成や面接対策を行う上で、自分自身の強みを明確に把握することが重要です。ChatGPTを利用することで、自分自身の強みをより明確に把握することができます。たとえば、ChatGPTに自分のスキルや経験を伝えることで、自己PRの作成や面接対策において、より的確なアドバイスを得ることができます。

キャリアコンサルタント目線でチェックできる

ChatGPTは、さまざまな目線でチェックする事ができます。ChatGPTを利用することで、プロのキャリアコンサルタントの目線が手に入ります。たとえば、自己PRや志望動機に足りない情報がないか、添削する事ができます。

ChatGPTを転職・就活により効果的に使うために(自己理解)

転職・就活には、自己理解が重要です。

自己理解を深めることで、自分がその企業や職種にどのように貢献できるか、自分の価値観や目標が企業の理念や方針とどのように一致するかを明確に示すことができます。

このような自己理解をもとにした志望動機は、採用担当者に自分がその企業に適した人材であることを印象付ける効果があります。

また、自己理解をもとにした志望動機は、自分自身のキャリアビジョンを明確化することにも繋がり、将来的な成長や達成感にもつながるでしょう。

ChatGPTを転職・就活につかうためのFAQ

Q1. ChatGPTって何ですか?

A1. ChatGPTとは、自然言語処理技術を使った人工知能のことで、会話形式で質問や相談に答えたり、アドバイスを提供することができます。

Q2. ChatGPTを転職・就活に使えるのですか?

A2. はい、ChatGPTを転職・就活に使うことができます。企業情報の収集や自己PRの作成、志望動機の作成、面接対策などに利用することができます。

Q3. ChatGPTを利用すると、どのようなことができるのでしょうか?

A3. ChatGPTを利用することで、求人情報や企業情報の収集、アドバイスの提供、アイデアの提供など、様々なことができるようになります。

Q4. ChatGPTを利用することで、何が変わるのでしょうか?

A4. ChatGPTを利用することで、より効率的な情報収集が可能になったり、正確な情報を得ることができたり、自分自身の強みを明確に把握することができたりするなど、多くのことが変わることがあります。

Q5. ChatGPTを利用するにあたって、何か注意すべき点はありますか?

A5. ChatGPTは、あくまでAIによる言語処理技術を用いたものであり、完全に人間の代わりになるわけではありません。ChatGPTが提供する情報やアドバイスを参考にしながら、自分自身で正確性を確認することが大切です。また、個人差があるため、同じ質問に対して異なる回答をすることがあります。

まとめ

ChatGPTを利用する際には、100%正確な回答を保証することはできないことや、不適切な表現や誤った情報が含まれる場合があることを知っておくことも重要です。

また、ChatGPTに質問する際には、質問により答えが変わる事を理解し、自分がどのようなアドバイスを受けたいのか、どのような情報を得たいのかを明確にし、適切な質問方法を考えることが重要です。

エントリーシートの作成や面接対策、自己分析やキャリアアドバイスにおいて、非常に役立つアドバイスを受けることができます。しかし、ChatGPTを使うことで得られる情報はあくまでも参考程度であり、自分自身の力で自己アピールや面接対策、自己分析を深めることが必要です。

以上が、転職・就活活動においてChatGPTを活用するための情報です。ChatGPTを利用することで、より効率的な転職・就活活動を行うことができ、成功への近道となるかもしれません。

ただし、ChatGPTを使うことがすべての人にとって最適な方法であるとは限りません。自分自身の能力や経験、アイデンティティーを過剰に頼りすぎることなく、ChatGPTを利用することで得られるアドバイスを参考に、自分自身の力を引き出していくことが重要です。

また、ChatGPTはまだ発展途上の技術であり、今後も改善や発展が続くことが予想されます。そのため、ChatGPTを活用する場合には、最新の情報にアクセスし、常にその情報を更新することが必要です。

最後に、転職・就活活動においてChatGPTを活用することは、自分自身にとって最適な方法を見つけるための手段のひとつであると言えます。自分自身の力を引き出し、より良い未来に向けて進んでいくために、適切な活用方法を見つけ、積極的に取り組んでいきましょう。

ChatGPTは、今後も人工知能の発展に伴い、さらに進化することが期待されます。そのため、転職・就活活動においてChatGPTを活用することは、今後ますます一般的になることが予想されます。

また、ChatGPTを利用することで、自分自身が思いつかなかったアイデアや考え方を得ることができ、新たな視点を得ることができます。そのため、ChatGPTを利用することで、より広い視野を持ち、自分自身の可能性を広げることができます。

しかし、ChatGPTを活用するにあたり、正確性や適切性を確認することも重要です。人工知能は、あくまでもプログラムに従って動作するため、情報の誤りや欠落がある可能性があります。そのため、ChatGPTを利用する際には、適切な情報源からの情報確認や、複数の情報源を参照することが必要です。

以上が、ChatGPTを活用した転職・就活活動についての情報です。ChatGPTをうまく利用し、自分自身の力を引き出し、成功に近づいていきましょう。

■追記

ChatGPTのプロンプト集を集めたものは↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次