【ChatGPT】転職・就活の企業研究を効率的に終わらせる方法!コピペOK

ChatGPT 企業分析

「転職や就職活動の企業研究って時間がかかって大変!もっと効率的な方法はないのか?」

そんな悩みを持っているあなたへ!ChatGPTを使えば、企業研究も効率的に終わらせる事ができます。

Chat GPTは誰でも簡単に無料で使える最先端の対話型のAIツールです。

今回は、その具体的な手順をご紹介します。

企業研究ってなにをしたら良いのか?と思っている人でも全く問題ありません。

検索用のサンプルも準備しました。

企業研究を効率的に終わらせて、応募書類作成、面接対策など、より重要な事に時間を使いましょう!

本サイトは「強み発見のプロ」であるストレングスファインダーの認定コーチが転職・就職に関して情報発信しています。

目次

ChatGPTで企業研究をする方法【概要説明】

まずはじめに、企業研究をするための基礎知識についてお伝え致します。

転職・就職活動で使える企業研究とは?|3C分析がおすすめ

3C分析とは、Customer(顧客・市場)、Competitor(競合)、Company(自社)の3つの視点から企業研究を行う手法です。

これにより、企業の市場ポジション、他社との違いを総合的に把握することができます。

三つの頭文字とって3C分析と呼んでいます。

転職・就活の面接で必ず聞かれるのが、次のような質問です。

「なぜあなたはこの業界に入りたいのか?」
「なぜ他社でなく我が社なのか?」

この質問は

いったい何を答えたら良いか・・・

と何人もの転職・就活生の頭を悩ましてきました。

しかし、3C分析を行う事で、業界全体の情報とその企業の立ち位置、他社との違いわかりやすくなり、とても答えやすくなります。

■企業研究で使える3C分析
・Customer(顧客・市場)
・Competitor(競合)
・Company(自社)

3C分析の調査手順

3C分析は次の順番で調べるのがおすすめです。

①Customer(顧客・市場)

②Competitor(競合)

③Company(自社)

市場や顧客、競合の立場から応募企業を見る事ができ、他社との差を見つけやすくなるのでこの順番がおすすめです。

3C分析を活用することで、転職活動や就活において企業の強み・弱みや市場の動向を詳細に把握することができます。

また、自分のスキルや価値観が企業とマッチしているかどうかを判断する際にも役立ちます。

ChatGPTで企業研究する前に知っておきたい事

重要な話ですので必ずお読み下さい。

①ChatGPTが回答する情報は古い可能性あり

ChatGPTの知識は2021年9月までの情報がベースとなっています。そのため、最新の情報が必要な場合は、別途情報源を確認してください。

ChatGPTで収集した情報は、必ず出典を確認しましょう。情報の信憑性が低いソースに基づく回答の場合、誤った判断をするリスクがあります。

②ChatGPTが回答する情報は間違っている可能性あり

ChatGPTは高度なAIですが、必ずしも正確な回答を提供できるわけではありません。

情報の正確性を確認するために、他の情報源を参照し信頼性を確認する必要があります。

③それでも、転職活動でChatGPTを使う理由

1.効率化が見込める

ChatGPTは、素早く情報を提供できるため、企業分析の時間を大幅に短縮できます。

短時間で多くの企業を調べることができるので、転職活動全体の効率化につながります。

2.情報整理のツールとして使える

ChatGPTは、膨大な情報を整理し、必要な情報を取り出す能力があります。

自分にとって重要な情報を簡単に整理する事ができるので、情報整理する時間の短縮につながります。

3. 初期段階の調査に向いている

ChatGPTは、企業や業界の概要を短時間で収集できるため、初期段階の調査において非常に役立ちます。

その後、より詳細な情報を詰めていく際に、他のツールを使う事で効率化することができます。

注意点を踏まえつつ、適切な使い方をすることで、ChatGPTは転職活動において大変便利なツールとなります。

ChatGPTで企業研究する前の準備

ChatGPTにログインしましょう。ChatGPTのアドレスは下記です。

>>CHatGPT【公式】HP https://chat.openai.com/

ユーザーアカウントがない人はGmailかマイクロソフトアカウントで無料で作成ができます。

アカウント作成は簡単で、メールアドレスやパスワードを入力するだけで完了です。

ChatGPTで企業研究【詳細】

大きな作業の流れですが、ChatGPT(AI)で次の項目を順番に調べてエクセルに貼り付けて完了です。

■ChatGPTで企業研究をする3STEP
【STEP1】Customer(顧客・市場)を調べる
【STEP2】Competitor(競合)を調べる
【STEP3】Company(自社)を調べる

それではChatGPTで企業研究をしていきましょう。

ちなみに、ChatGPTの画面は極めてシンプルです。

質問を入力する窓があるだけで、だれでも簡単に使う事ができます。

【STEP1】Customer(顧客・市場)を調べる

まず、下記の質問をChatGPTに入力します。

次の質問をChatGPTに入力します。
(枠内をコピペして使って下さい)

#命令文
あなたはプロのアナリストです。
次の調査対象の業界を3C分析における「顧客」の分析をして下さい。
調査対象業界と調査項目は次の通り。
なお、調査結果は次の出力形式に従い表形式でまとめて下さい。

#調査対象業界
〇〇業界

#調査項目
顧客の特徴(年齢、性別、所得、地域など)
顧客のニーズや期待
顧客の価値観やブランド認知
顧客満足度やロイヤルティ
市場の成長率や動向
業界のバリューチェーン

#出力形式
|調査項目|調査内容|
の順で表形式で書いて下さい。

〇〇業界の〇〇には、あなたが希望する業界を入力して下さい。

検索例は、「ゲーム業界」で入力しました。

補足:調査項目の説明

調査項目の調査目的を一覧にします。項目の削除追加などは必要に応じてご調整ください。

項目調査目的
顧客の特徴(年齢、性別、所得、地域など)顧客の属性を理解することで、適切なターゲット層にアプローチし、より効果的なマーケティング戦略を立てることができます。
顧客のニーズや期待顧客のニーズや期待を把握することで、製品やサービスの改善、新たな価値提案の創出が可能になり、競合他社と差別化を図ることができます。
顧客の価値観やブランド認知顧客の価値観を理解し、ブランド認知を高めることで、購買意欲の向上やリピート購入の促進が期待できます。また、強いブランドイメージは競合との差別化につながります。
顧客満足度やロイヤルティ顧客満足度が高いほど、顧客ロイヤルティも高まります。これにより、長期的な顧客関係が築かれ、安定した収益につながります。
市場の成長率や動向市場の成長率や動向を分析することで、ビジネスチャンスや脅威を把握し、適切な戦略を策定できます。また、将来的な市場の変化に対応し、企業の成長を促すことができます。
業界のバリューチェーン業界のバリューチェーンを理解することで、付加価値の創出ポイントや効率化の余地を見つけ、競争力を強化することができます。また、新たなビジネスパートナーや提携先を見つけることができます。

【STEP2】Competitor(競合)を調べる

次に、競合を調べます。

ChatGPTに次のように入力して下さい。

#命令文
あなたはプロのアナリストです。
次の調査条件の業界や企業において3C分析における「競合」の分析をして下さい。
競合調査条件と調査項目は次の通り
なお、調査結果は次の出力形式に従いまとめて下さい。

#競合調査条件
・自社と業界売上上位△社
・自社名 株式会社○○

#調査項目
競合他社の製品やサービスの特徴
競合他社の強み
競合他社の弱み
市場シェアと成長率
競合他社のマーケティング戦略
競合他社売上
競合他社利益率

#出力形式
|調査項目|自社名|競合会社名1|競合会社名2|・・・
の順で表形式で書いて下さい。

株式会社○○、業界売上△社 は志望する会社や業界で変えて下さい。

競合調査の会社数が多いと、GPT3では上手く出力されない時が多いです。その場合は回かに分けて質問してみて下さい。※事例も2回に分けて質問しました。

補足:調査項目の説明

調査項目の調査目的を一覧にします。項目の削除追加などは必要に応じてご調整ください。

項目目的
競合他社の製品やサービスの特徴競合企業の製品・サービスを理解することで、自社の製品・サービスの差別化や改善点を見つけることができます。
競合他社の強み競合他社の強みを把握することで、自社がどのような戦略を取るべきかを考える上で参考になります。また、競合他社の強みを学び取ることで、自社の弱みを克服することができます。
競合他社の弱み競合他社の弱みを理解することで、自社の強みを活かし、市場での競争力を高めることができます。また、競合他社の弱みを突く戦略を立てることで、シェアの奪取が可能です。
市場シェアと成長率市場シェアと成長率を把握することで、市場での自社の立ち位置や競合他社との比較が可能になります。また、市場の成長性を評価し、適切な戦略を策定するために必要です。
競合他社のマーケティング戦略競合他社のマーケティング戦略を理解することで、自社の戦略と比較し、改善点や新たなアイデアを見つけることができます。また、競合他社の戦略を把握することで、市場での勝ち残り策を立てることができます。
競合他社売上競合他社の売上を把握することで、市場での競合他社の規模や成長性を評価することができます。これにより、自社の競争力や市場でのポジションを把握することができます。
競合他社利益率競合他社の利益率を把握することで、競合他社の収益性や経営効率を評価することができます。これにより、自社の競争力や市場でのポジションを把握することができます。

【STEP3】Company(自社)を調べる

次に、応募企業(自社)の情報を調べます。

ChatGPTに次のように入力して下さい。

#命令文
あなたはプロのアナリストです。
次の調査対象企業を3C分析における「自社」の分析をして下さい。
調査対象企業と調査項目は次の通り。
なお、調査結果は次の出力形式に従い表形式でまとめて下さい。

#調査対象
株式会社○○

#調査項目
会社名
設立年数
代表取締役(社長)
売上高
従業員数
平均年収
平均年齢
平均勤続年数
本社・事業所の所在地
主要取引先
年間休日
福利厚生
企業理念
事業内容
主力商品・主力サービスの現状
ビジネスモデルの強み・弱み
公式HP

#出力形式
|調査項目|調査内容|
の順で表形式で作成お願いします。

補足:調査項目の説明

調査項目の調査目的を一覧にします。項目の削除追加などは必要に応じてご調整ください。

項目目的
会社名
設立年数会社の歴史や経験を知り、信頼性や安定性を把握します。
代表取締役(社長)経営陣の情報を知り、企業のビジョンや戦略を把握します。
売上高企業の規模や市場での立ち位置を把握します。
従業員数企業の規模を把握します。
平均年収従業員の待遇や働きやすさを確認します。
平均年齢従業員の年齢構成を把握し、組織の活力や経験を確認します。
平均勤続年数従業員の定着率を確認します。
本社・事業所の所在地企業の拠点や展開地域を把握し、市場へのアプローチを評価するため。
主要取引先企業との取引関係を理解し、信頼性やビジネスチャンスを評価するため。
年間休日労働環境や働きやすさを把握するため。
福利厚生従業員の待遇や働きやすさを評価するため。
企業理念企業の価値観やビジョンを理解し、ブランド力を評価するため。
事業内容企業の主な事業領域を把握し、市場動向や競争状況を評価するため。
主力商品・主力サービスの現状企業の強みや競争力を把握するため。
ビジネスモデルの強み・弱み企業の競争力や市場での立ち位置を評価するため。
公式HP企業の情報発信や顧客とのコミュニケーション手段としての役割を把握するため。

ChatGPTで企業研究のレポートを作成した後のアクションプラン

①情報のチェックとアップデートを行う<重要!>

ChatGPTの知識は2021年9月までの情報がベースとなっています。そのため、転職就活にはそのまま使えません。情報のチェックとアップデートを必ず行いましょう。

②3C分析であつめた情報から「企業の強み弱みを見つける」

Customer(顧客・市場)Competitor(競合)Company(自社)をチェックし応募先企業の強みを弱みを見つけましょう。

顧客・市場(Customer)のチェックポイント

✅業界内での自社の地位や評判をチェックする
✅顧客対応やアフターサービスの口コミをチェック
✅自社のブランド認知度や市場シェアを業界平均と比較する

競合他社(Competitor)のチェックポイント

✅自社の製品・サービスの競争力をチェックする(品質、価格、機能など)
✅業界内での独自性や差別化ポイントを探る
✅業界内でのシェアや成長率を確認する

自社(Company)のチェックポイント

✅企業文化や組織風土をチェックする
✅労働環境(福利厚生、年間休日、平均年収など)をチェックする
✅経営陣のリーダーシップやビジョンの明確さをチェックする
✅事業の安定性や成長性を確認する3

③自己理解の結果と突き合わせる

企業研究を志望動機や自己PRに使うには、自分の強みを掛け合わせることが需要です。

企業研究の結果と自己理解を組み合わせる事で、自分がその企業や職種にどのように貢献できるか、自分の価値観や目標が企業の理念や方針とどのように一致するかを明確に示すことができます。

このような自己理解をもとにした志望動機は、採用担当者に自分がその企業に適した人材であることを印象付ける効果があります。

また、自己理解をもとにした志望動機は、自分自身のキャリアビジョンを明確化することにも繋がり、将来的な成長や達成感にもつながるでしょう。

▼お知らせ
ただいま公式LINEにご登録頂いた全員に、
キャリアコーチのプロが考えた「転職に使えるChatGPTプロンプト集」
をプレゼントしています。

\ 自分の強みが分かるプロンプト集がもらえる /

■あわせて読みたい

ChatGPTを転職で使うプロンプト集は↓

自己PR、志望同期、面接対策などのプロンプトをまとめました

目次