【裏技】転職エージェントに相手にされない?無視?解決策を公開!

転職エージェントから連絡がこない?
転職エージェントに相手にされない?

思い切って転職エージェントサービスに申し込んでみたが、転職エージェントからの反応はイマイチ。

もしかしたら「転職できないかも・・・」とお悩みのひとへ

その原因は、プロフィールが上手く書けていないだけかもしれません。

本記事では、転職エージェントからのリアクションや求人紹介が少なく不安になってきる人への対策案ご紹介します。

また、転職エージェントがどのように求職者を見つけているのか、どのようなプロフィールであれば転職エージェントがリアクションを取りやすいのかといった採用側の情報も公開しています。

この記事を読む事で、あなたが転職エージェントにとってより魅力的に見え、より多くの求人を引き寄せる可能性を上げる事ができます。

本記事が、あなたの転職活動をスムーズに進める一助となると幸いです。

本サイトは、強み発見のプロ、ストレングスファインダーの認定講師がキャリアコーチングを通して得た転職・キャリアアップに関する知見に基づき情報発信を行っています。

目次

転職エージェントが相手しない?理由とは?

・転職エージェントに相手にされない
・転職エージェントからの求人紹介が少ない


と感じる人は、転職エージェントに登録しているプロフィールの書き方に原因があるかもしれません

登録情報を軽視している人も多いですが、プロフィールは転職サイトや転職エージェントを活用するための最重要アイテムです。

なぜプロフィールが重要なのか?

どのようにプロフィールを改善したら良いかについて解説いたいます。

プロフィール欄が不完全だと転職エージェントに相手にされません。

プロフィールが不完全または不十分な場合、転職エージェントは乗り気になりません。その二つの理由を解説致します。

①プロフィールが不十分だと、あなたの魅力は伝わらない

プロフィール欄は、転職エージェントや求人企業が求職者を知る最初のステップであり唯一の接点です。

しかし、そのプロフィール欄が不完全であると、あなたの魅力を十分に伝える事はできません。

登録作業は確かに面倒だと思いますが、

プロフィール欄は極力埋めるようにしましょう。

プロフィールが不完全とは、具体的には、情報が不足している、誤字脱字がある、または情報が古いという状況を指します。

プロフィール欄にあなたのスキルや経験を正確に反映していないと、転職エージェントがあなたを十分に理解することはできないため適切な職業を紹介する事はできません。

また、誤字脱字は、ビジネスパーソンとしてのあなたの仕事能力を疑わせ、信頼性を損なう可能性があります。

②プロフィールが不十分だと転職意志が弱く見える

プロフィール欄があまり埋まっていないような状態の求職者は、転職エージェント側から見れば転職意志が低く見えます。

逆の立場からみれば、プロフィール欄が充実している登録者とプロフィール欄がほとんど埋まっていない登録者とどちらに先にアプローチするかは想像しやすいと思います。

プロフィール欄に空白が多いと、転職エージェントはあなたが真剣に転職を考えているのか、判断することが難しくなります。

転職エージェントはボランティアではございません。転職意思が高い人から優先的に求人を紹介しますので、転職意思が低く見えると、求人を紹介してもらうチャンスが減ることに繋がります。

転職意思を示すためにも、プロフィール欄は全力で埋め、転職意思が強くあることを理解してもらいましょう。

プロフィールは完璧!でも転職エージェントに相手にされない?確認して欲しい最重要事項

プロフィールは十分埋まっている、誤字脱字もない。

しかし、なかなか求人の紹介がない・・・

そんな時に絶対に確認して欲しい、プロフィール記入で多くの人が見落としている重要なポイント

をご紹介いたします。

転職エージェントから求人紹介が少ないと感じる人はぜひチェックして下さい。

転職エージェントはどうやって求職者を探しているのか?

そもそも、転職エージェントはどうやって転職希望者のことを探すと思いますか?

登録した順番に一人一人を丁寧にじっくりと、職歴や現職の肩書を見て探しているわけではありません。

答えは”検索”です。

皆さんがインターネットで美味しいお店を探すのと同様に、

転職エージェントも毎日何千と登録される転職希望者のデータベースを検索し、企業が探している条件に合った求職者を探しています。

つまり、転職エージェントの検索ニーズに合致しない限り、転職エージェントが求職者に声をかける事はありません。

その検索のデータベースのもとになるのが、プロフィール欄です。

プロフィール欄があまり埋まっていない、または不十分な転職希望者が転職エージェントから求人紹介が少なくなる理由がここにあります。

「検索で人を探すなんて、なんかひどいな・・」

と思う転職希望者もいるかもしれません。

しかし、私たちが美味しい料理店を探す時も同じ事をしていることを考えると納得できると思います。

私たちが美味しい料理店を予約しようとした時に、多くの人は、何千何万とある飲食店の中で、料理のカテゴリやお店の場所、価格や評判を検索して自分に合うお店を探します。

転職エージェントが企業が求める理想の求職者と出会いたいと思った時に、何千、何万といる求職者の中で、職歴や経験、スキルや希望年収、お住まいの住所などか求人条件にあう人を検索して探すのも同様です。

ですので、私たちが一人でも多くの転職エージェントから求人情報が欲しいと思う時は、まずは転職エージェントがどうやって検索しているかを知る必要があります。

転職エージェントに相手にされない?をなくす4つのポイント

それでは、どうやって転職エージェントや求人企業から検索されやすいようになるのでしょうか?

転職エージェントの検索に見つけやすくなる2つのポイントを解説します。

答えは企業や転職エージェントが出している「求人票」です。

ポイント1:求人票はキーワードの宝庫

転職エージェントは企業が発行している求人票にあるキーワードを使って検索する事が多いです。

転職エージェントは企業が求めるニーズの人材を探すのが仕事です。

ですから、求人票にあるキーワードそのものを使って転職希望者を検索します。

例えば、同じ新製品の開発のことでも、新商品開発、新規開発、と呼び名はいろいろです。

またプロジェクトのまとめ役の事を指すにせよ、会社によってはプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー、PMと多岐に渡ります。

また、古い会社ではソフト開発エンジニアの事をプログラマと呼ぶ会社もまだまだ多いです。

ですので、自分が受けたいと思っている企業やライバル企業の求人票に書いてあるキーワードをうまく自分のプロフィールに取り入れる事で転職エージェントから検索される確率を上げる事できます。

ポイント2:知らないワードがあったら必ず調べる

もし、求人票に書いてあるワードに分からないものがあったときはそのままにせず、必ず調査するようにこころがけましょう。

逆を言えば、その業界業種で働いている人が当たり前に使っているワードを理解していないと。面接などで、それだけで経験が浅いと判断される場合もあります。

特に未経験な業種や職種においては、ワードを調べる事により企業研究も進みますので、

企業へ応募前に、求人票に書いてあるワードはすべて理解しておく事をお勧めいたします。

ポイント3:自分のプロフィールに自然に埋め込む

また、キーワードを効果的に使用するためには、それを自然な形でプロフィールの中に組み込むことが重要です。

ついついキーワードを詰め込みたくなり、文章が不自然な形になる事がありますが、読み手が読みづらくなるので、詰め込みすぎないように注意して下さい。

ポイント4:プロフィールは継続して修正する事が重要

プロフィール欄の改善は一度きりの作業ではなく、継続的に行う事が重要です。

転職希望者の希望度を予想するために、プロフィールの修正時期を確認する転職エージェントもいます。

長く修正されていないプロフィールはそれだけで、転職意思が低いとみなされる場合もありますので、

自分のプロフィールが常に最新の状態を保つ事をおすすめいたします。

最後に

繰り返しになりますが、プロフィール欄は、転職エージェントや求人企業に自分を理解してもらうための唯一の手段です。

あなたが、どんなに優秀な人でも、プロフィール欄が空白だらけではその魅力は全く伝える事ができません。

「会って話せばわかる」
「面談でアピールできる」

とお考えの人も多いですが、転職エージェントに検索して声をかけてもらう限りは転職エージェントに会う事すらできません。

転職サイトや転職エージェントに登録したのに、企業や転職エージェントからのリアクションが薄いと感じる人はプロフィール欄を見直しましょう。

ここだけは見直して欲しい3つのチェックポイント(まとめ)

プロフィール欄を見直す際には、次の5点は必ず見直しましょう!

①プロフィール欄は全て埋める
②誤字脱字がないか確認する
③求人票でつかっているキーワードを使う

プロフィール欄を充実させるためには、必要な情報をリストアップし、それらを効果的に整理し記述することが重要です。また、業界や業種の求人に使われるワードを理解し、それを自然な形でプロフィールの中に組み込むことで、転職エージェントがあなたのプロフィールを検索しやすくなります。

完全転職マニュアルのご紹介

転職できるか不安という人へ

自己理解から志望動機、求人情報収集など、自身の経験とキャリアコンサルを通じて得た、なぜだか転職が上手くいく人の共通する12のポイントをまとめました。

転職活動は自己表現の一環であり、あなた自身を最適な形で伝えることが求められます。プロフィール欄の改善を通じて、あなたの転職活動がよりスムーズに進むことを願っています。

目次