転職に使える【共感性】自己PR例文|ストレングスファインダー

転職・就職活動で自己PRが書けないとお悩みの「共感性」の方へ。

「共感性の強みを活かした自己PR例文」をご紹介します。

例文を見ることで、ご自身の過去の経験や体験を思い出すきっかけにもなり、自己PRを真っ白な紙から書き始めるよりも圧倒的に効率的に進められます。

何を書いたら良いか分からないと悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

ご注意:例文はそのままでは使えません。記事の最後に例文から自分らしい自己PRにする方法もお伝えしますのでぜひ最後までお読み下さい。

目次

おさらい:【共感性】(ストレングスファインダー)とは?

自己PRを作成する前に、共感性について簡単におさらいをいたします。

(【共感性】を詳しく知りたい方は下記の記事を参考にして下さい。)

【共感性】の基本

「共感性」とは、人の感情を察知し、共感する能力のことを言います。この才能を持つ人は、他人の気持ちを敏感に感じ取り、その人が何を感じているかを理解することが得意です。まるで、他人の心の中に入り込むかのように、深い理解を示します。

【共感性】の持つ力

共感性を持つ人は、周囲の人々との深い絆を築くことができます。人の気持ちを理解することで、信頼関係を深め、チームやコミュニティの一体感を高めることが可能です。また、人の心を癒す力もあり、相談役や支援者として頼られることが多いです。

【共感性】が自己PRで使える強みとは?|ストレングスファインダー

次に転職・就活の自己PRに使える共感性(ストレングスファインダー)の強みの一例を紹介します。

▼チーム内での調和促進力
共感性を持つ人は、チームメンバーの気持ちを理解し、調和を促進することが得意です。自己PRでは、「チームの雰囲気を良くするために常に努めています」という点を強調しましょう。

▼問題解決における人間理解力
他人の気持ちを理解することで、問題の本質を見抜く力があります。自己PRでは、「人の気持ちを理解することで、根本的な問題解決に貢献します」という視点を伝えましょう。

▼顧客との深い関係構築力
共感性は、顧客やクライアントとの関係構築にも有効です。「お客様の気持ちを深く理解し、満足いただけるサービスを提供することに注力しています」とアピールできます。

自己PRでは、この共感性を生かした具体的なエピソードや成果を前面に出すことで、あなたの価値を明確に伝えることができます。他人の気持ちを理解し、それに応じて行動する能力は、どんな職場でも求められる重要な資質です。この才能を大切にし、あなたのキャリアの強みとして活かしていきましょう。

【共感性】が職場で活かせる強みとは?|ストレングスファインダー

共感性の強みが職場や会社でどのような場面で発揮されるかを見ていきましょう。

以下はその一例です

  • コミュニケーションの推進が必要な場面
    共感性を持つ人は、同僚や上司の感情を敏感に察知します。これにより、より深いレベルでのコミュニケーションが可能になります。相手の気持ちを理解することで、信頼関係を築きやすくなり、スムーズなチームワークを促進します。
  • 問題解決を促進する場面
    職場での問題や対立が生じた際、共感性を持つ人は、関係者の感情を汲み取り、根本的な問題の理解に努めます。その結果、より実効性のある解決策を見出しやすくなります。
  • クライアントとの関係構築が必要な場面
    共感性は、顧客やクライアントとの関係構築にも大きな強みを発揮します。顧客の未言のニーズや懸念を感じ取り、よりパーソナライズされたサービスを提供できます。
  • チームの士気を上げる場面
    共感性を持つ人は、同僚の気持ちやモチベーションの変化に敏感です。これにより、チームメンバーの不安やストレスを早期に察知し、サポートすることでチームの士気を高めることができます。
  • 変化への適応する場面
    変化に対しても共感性は重要です。新しい状況や要求に直面したとき、共感性を持つ人は他人の反応を敏感に感じ取り、その変化に対するチームの心理的な準備を助けます。不安や緊張を和らげ、チームが新しい状況にスムーズに適応するための支援を提供できます。

共感性は、職場での円滑な人間関係、効果的なコミュニケーション、問題解決、顧客関係の構築、チームの士気向上、さらには変化への適応力といった多方面での強みを発揮します。このような能力は、どの職種においても非常に価値があり、日々の業務において大きな利点となります。共感性を持つ皆さん、この素晴らしい才能を活かして、職場での成功を手に入れましょう。

【共感性】の自己PR(例文)4選|ストレングスファインダー

   自己PRを作成する際に役立つ、共感性の強みを活かした自己PRの例文を4つ紹介します。これらの例文を、あなたがどのように個性と能力を表現できるかのヒントにして下さい。

自己PR例文 1|共感性

「私の強みは共感力です。以前の職場で、チームメンバーの小さな変化にも気づき、適切なサポートを提供することで、チームワークの向上に貢献しました。この経験を活かし、新しい環境でも良好な人間関係を築きたいと考えています。」

自己PR例文 2|共感性

「私の強みは共感です。顧客の言葉の奥にある本当の要望を察知し、それを基にサービス改善の提案を行い、結果的に顧客満足度の向上に繋がりました。この能力を新しい職場でさらに発揮したいです。」

自己PR例文 3|共感性

「私の強みは共感力です。職場での人間関係の調整やコンフリクトの解決において、この能力が効果的でした。チーム内の不和を早期に察知し、円滑なコミュニケーションを取り戻すことで、プロジェクトの成功に貢献しました。」

自己PR例文 4|共感性

「私の強みは共感です。チームメンバーの気持ちや悩みを敏感に察知し、それに対して適切なアドバイスやサポートを提供することで、職場のモチベーションと生産性を高めることに貢献しました。新たな職場でも、この共感力を活かしてチームをサポートしたいです。」

▼「ストレングスファインダー」x「ChatGPT」自己PR無料作成

自己PRが進まないと悩んでいる方へ、本サイトではChatGPTを活用した無料の自己PR作成サービスを提供しています。

LINEにストレングスファイダーの「資質」と「希望職種」を送るだけ、

ChatGPTで作成したあなただけのオリジナルの【自己PR】を4個お届けします。

\ストレングスファイダーとChatGPTで自己PR無料作成

個人情報不要!

【共感性】の自己PRを完成させるための4ステップ|ストレングスファインダー

上記の例文を使い自己PRを完成させるステップを紹介します。

自己PRの作成に悩んでいる人はぜひトライして下さい。

以下のステップで自己PRを完成させましょう。

▼例文から自己PRを作成するステップ
ステップ1:成功した事や楽しかった事を思い出し、メモに書き出します。
ステップ2:成功体験に自分の資質や強みがどのように関与していたかを思い出します。
ステップ3:例文からあなたの成功体験に最も近いものを選びます。
ステップ4:選んだ例文をあなたの体験に合わせて書き換えます。

 コツは、成功したことや自分自身が楽しかった事を思い出してから書き始める事です。これにより脳が活性化し、文章がとても書きやすくなります。

【共感性】あなたの経験を加え自己PRにリアリティを!|ストレングスファインダー

自己PRの作成において、具体的な経験や体験の共有は非常に重要です。経験や体験に基づいた自己PRは、あなたのキャリアやパーソナリティの実態を明確に示し、面接官に対して強い印象を与えます。

自己PRに経験や体験を追加する時の3つのポイントを紹介します。

①具体性
具体的な状況や経験を明確に描写することで、あなたの話に信憑性と深みを加えます。例えば、「チームリーダーとして、新しいマーケティング戦略を立案し、実行した経験があります」という表現は、「マーケティングに関する経験が豊富です」という一般的な表現よりもずっと具体的で説得力があります。

②チームへの貢献
自己PRでは、チームやプロジェクトにおけるあなたの具体的な貢献を強調します。どのようなアクションを取り、それがどのようにチームやプロジェクトの成功に寄与したかを示せると良いです。たとえば、「私の提案したデジタルマーケティング戦略により、プロジェクトのリード数が前年比で30%増加しました」というように、具体的な成果を述べられるとよいです。

③数字を使う
あなたの行動がもたらした具体的な結果や成果を数字で示せるとさらに良いです。数字で示せるとあなたの能力と効果を強調することができます。成果は量的なデータ(例:売上の増加、コスト削減の割合)や質的なデータ(例:顧客満足度の向上、チームの士気向上)で示すと興味を引く事ができます。

自己PRにおいてこれらの要素を組み合わせることで、あなたの個性、スキル、経験が一つの鮮明なストーリーとして伝わります。あなたの経験は単なる出来事ではなく、あなたの個人的な成長や職業的成果を示す強力な証拠となります。自己PRを完成させ、自信を持って、あなたのストーリーを語りましょう。

【共感性】自己PR例文まとめ|ストレングスファインダー

共感性は、他人の感情や状況を敏感に察知し、深い理解を示す能力です。転職時の自己PRでこの強みを活かす際には、以下のポイントに注意してください。

まず、共感性を通じて過去にどのような成果を上げたか、具体的なエピソードを盛り込むことが重要です。例えば、チーム内の問題を早期に察知して解決に導いた経験や、顧客の隠れたニーズを理解し、サービス改善に貢献した事例などです。これらの具体的な例は、共感性がどのように実務に役立つかを明確に示します。

次に、共感性がもたらすチーム内でのコミュニケーションの改善や、職場の雰囲気作りへの貢献を強調しましょう。共感性を活かした人間関係の構築や、チームメンバーのモチベーション向上への影響は、あらゆる職場で重要な要素です。

また、共感性を用いた顧客との深い関係構築や、顧客満足度の向上にどう貢献したかを示すことも有効です。顧客の声を敏感に捉え、それを事業やサービスの改善に生かした経験は、多くの職種で高く評価されるでしょう。

これらのポイントを踏まえて自己PRを作成することで、共感性というあなたの強みを前面に出し、効果的にアピールすることができます。自分の経験を振り返り、共感性が如何にして職場にプラスの影響を与えたかを具体的に伝えましょう。

目次