【40代50代のための転職完全マニュアル】業界人の誰も教えない!転職エージェントとの付き合い方とは?

「40代、50代でも転職できるのか?」と不安な人へ

確かに、30代までと比べると求人数も圧倒的に少なくなり、数打てば当たるという戦法はもう通じませんが、

40代50代には40代50代の転職方法があり、正しい戦略を実行できれば、転職成功する可能性は十分にあります。

求人数は少ないかもしれませんが、自分に合う求人を確実にものにする戦略をとりましょう。

どんなに多くの内定を頂いても、結局選べるのは一つです。

特に転職エージェントとの付き合い方については、とある都合でインターネット上に情報が非常に少ないです。

そのため多くの人は「転職エージェントとの付き合い方」を間違ってしまっています。

この記事では、40代50代に正しく情報を伝えるために

業界人のだれも教えない「転職エージェントとの付き合い方」をご紹介いたします。

この方法は僕が実際に実践し50歳を過ぎても転職を2回成功してきた方法です。その内容を公開いたします。

本サイトは強み発見のプロが、自己理解方法や転職スキルについて情報を発信しています。

目次

あなたは転職エージェントの使い方を間違っていませんか?|40代50代の転職

あなたはこんな間違いをしていませんか?

・今の会社の愚痴を聞いてもらう
・嫌いな上司や部下の悪口を言う
・給与や待遇の不満の話しばかりする

40代50代の転職でエージェントに”ぶっちゃけ相談”はNGです!

よく他のブログなどで「転職エージェントになんでも相談してみよう」と書いてあるものがありますが

それは半分あってて半分間違いです。

転職エージェントは慈善事業ではありません。営利団体です。

転職エージェントの担当の評価は、転職希望者を転職させてなんぼです。

しかし、転職エージェントが一番困るのは転職後に期待通りの働きをしない転職者が一番困ります。

半年以内に退職すると斡旋料を返金をしなければならない事もありますが、それよりもなによりも、求人企業との信頼関係性が壊れる事が最も困るのです。

その為、転職エージェントに前職の愚痴や、不満を言っても

「この人を紹介するとやばいかも?」

という評価になるのが落ちですので、転職エージェントにする話しは気をつけましょう。

転職エージェントとの面談は常に0次面接だと思って臨みましょう。

彼らは求人企業の代理であなたと話しています

これを理解していない人が劇的に多いです。

彼らもビジネスです。転職して迷惑をかける可能性がある人を紹介したくありません。

40代50代の転職の情報がインターネット上に少ないのはなぜか?

なぜインターネット上には転職に関する正しい情報が少ないのでしょうか?

それは、転職関係の多くの記事やブログはアフェリエイト記事だからです

アフェリエイト記事とは、広告主を紹介することで広告主から紹介料をいただく広告記事の事です。

転職関係はこのアフェリエイト記事が非常に多いです。紹介料が高い事もあり、大手メディアや有名ブロガーなどが書くことがが多いです。

その為、検査上位には大手メディアや有名ブロガーの当たり障りのない記事で溢れてしまい、

一般ユーザーが本当に伝えたかった事は検索しても出てこない事が多く、なかなか読者に見つけてもらう事ができません

本記事ではキャリアコーチングという転職エージェントとは独立した中立な立場で、40代50代が本気で転職活動を行えるような有益な情報を発信していきます。

40代50代の転職は本当に厳しいのか?

正直、めちゃめちゃ厳しいです。

数字だけみると嫌になるぐらいの厳しさです。

下の図はビズリーチが求職者に出したスカウトの数の年齢別比較です。

年齢スカウト数(件)
28歳1,596,810
40歳444,658
50歳49,867

40歳、50歳の求職者にエージェントが出したスカウトの数は28歳に比較すると、40歳では約1/3以下、50歳では約1/30以下です。

50代の転職は28歳と比べると約30倍の難しさという事ができます。

40代50代の転職で必要な戦略とは?

上記の数字で見ていただいた通り、40代、特に50代で求人数そのものが激減します。

そのため、40代50代の転職は空いた椅子を素早く取りにいく「椅子取りゲーム」とも言えるでしょう。

つまり、転職を成功させるには、

良い求人が出たらすぐに知る事ができるような情報ルートを数多く持つ事が重要です。

そのためには「転職エージェントをうまく使う」事が転職成功には欠かせません。

40代50代の転職でエージェントを使うメリット

■メリット
①なんといっても無料
②年齢制限を事前に避ける事ができる
③書類審査の通過率が上がる

特に②についてご承知の人も多いと思いますが解説致します。

多くの求人には年齢制限はありません。

しかし現実には見えない壁は存在し、企業によっては事実上の年齢制限があるところもあります。

日本の法律では一部例外を除いて、年齢制限を禁止する決まりがあるため、表立って年齢による制限はかけられないからです。

そのため、年齢制限を満たしていない求職者が書類審査に応募してもほぼ合格する事はなく、年齢ではねられしまい、何通出しても受からないということが数多く発生します。

しかも、書類審査で落ちても、年齢で落ちたとは伝えられず、多くは、

「慎重に協議させていただきましたが、・・」

「他の候補者との兼ね合いにより・・」

といった適当な理由で落とされる事になり、自信喪失に繋がってしまいます。

年齢でダメならそう言ってもらえた方がぜんぜんマシ!

と思う人も多いと思います。

その点、転職エージェントを通しておすすめされた求人には年齢問題はクリアしたものだけが届いていますので、年齢による足切りの心配はありません。

また③は事実上転職エージェントが書類審査を行なっているところもありますので、転職エージェントがおすすめする求人に応募する際には書類通過率がぐんとあがる傾向にあります。

40代50代の転職、ズバリおすすめは「異業種×同職種」

40代50代の転職でおすすめはズバリ「異業種×同職種」です!

40代50代の転職は少ない席を奪い合う椅子取りゲームと説明しました。

椅子の選択肢を広く持つ事が大事です。

異業種x同業種の仕事を選ぶ事で、自身の経験活かしあなたの市場価値を保ったまま選択肢を増やす事ができます。

50代の転職は経験を売る事が大事

あなたにはだれにも負けない武器があります。

それはあなたの経験です。あなたが重ねてきた経験や時間はだれももっていない、あなただけの価値です。

※続きはnoteへ

私が転職サーポートさせていただいている内容をすべて文字にしました。ここでしか読めない。2万文字以上のnoteです。

50代で転職に悩んでいる人が転職成功するためにぜひ読んでいただきたい内容です。

続きはコチラ

後半はnoteにて15000文字超える、インターネットには公開されていないテクニックをまとめました。

目次