【転職活動の進め方】12の心得|経験を武器に変える!強みを活かす転職活動

転職できるか不安という人へ

自己理解から志望動機、求人情報収集など、自身の経験とキャリアコンサルを通じて得た、なぜだか転職が上手くいく人の共通する12のポイントをまとめました。

転職活動のポイントを抑える事で不安を解消しましょう。

この記事は、強み発見のプロとしてキャリアコーチングしている筆者がキャリアコンサル活動を通して得た知見をもとに作成しています。

目次

【転職活動の進め方】12の心得|経験を武器に変える強みを活かす転職術

強みを活かす転職の心得を解説いたします。

強みを活かす転職|12の心得
①強みを活かす転職は「業種業界に拘らない」
②強みを活かす転職は「自己理解」が重要
③強みを活かす転職の売りは「リアルな経験」
④強みを活かす転職の売りは「2つ以上の経験」をかけ合わせて作る
⑤強みを活かす転職は「情報戦」
⑥強みを活かす転職の企業分析は「企業の課題」を見つける事
⑦強みを活かす転職の志望動機は「お役立ち」
⑧強みを活かす転職の自己PRとは「自分のミッション」を伝える事
⑨強みを活かす転職の職務経歴書は「要約文が命」
⑩強みを活かす転職の面接は「逆質問からが本番」
⑪強みを活かす転職は次が決まるまで「絶対にやめない」
⑫強みを活かす転職は「成長し続ける人材」が成功する

①強みを活かす転職は「業種業界に拘らない」

業種業界には拘らず視野を広げ求人を探しましょう。あなたの経験を欲しがっている企業との思いがけない出会いも少なくありません。

選択の幅を広げ、自分の可能性も広げましょう。

②強みを活かす転職は「自己理解」が重要

自己理解を深め、自分の経験とスキルの汎用性と再現性が高まります!スキルの汎用性、再現性が高まる事で、他業種他業界でもあなたの経験スキルを武器として使うことができます。

自己理解を深め自分の武器を磨きましょう。

③強みを活かす転職の売りは「リアルな経験」

あなたの経験はお金では買えません。時にはあなたの失敗経験も若い企業にとっては大きな失敗を避けるための貴重な財産になることを意識しましょう。

経験は他者と差別化でくる貴重なあなたの財産です。

④強みを活かす転職の売りは「2つ以上の経験」をかけ合わせて作る

2つ以上の経験をかけあわせ、自分の市場価値を上げる事が重要です。営業と技術、売り手と買い手など、立場の違う二つの経験を組み合わせることで、貴重な存在となります。

両方できる、リアルな体験が豊富なベテランならでは価値です。

⑤強みを活かす転職は「情報戦」

転職エージェントや転職サイトをフル活用しいち早く情報を得る手段を多く持ちましょう。条件の良い求人はすぐに埋まる可能性が高いです。

転職は、少ない情報をいかに早く手に入れるかが勝負です。

⑥強みを活かす転職の企業分析は「企業の課題」を見つける事

企業分析ができないと面接の準備もできません。市場、顧客、競合から見た企業の理想と現状のギャップを明らかにし、自分の経験やスキルが役立つポイントを見つけ出しましょう。

企業の課題を理解し、解決策を提案することで、あなたの価値が高まります。

⑦強みを活かす転職の志望動機とは「お役立ち」できる根拠を伝えること

志望動機では自分の強みを活かし、企業の課題解決に貢献できる根拠を伝えましょう。これまでの経験やスキルを用いて企業の課題にどのように対処できるのか、再現性を示すことも重要です。

私達は企業の課題を解決するプロフェッショナルです。

⑧強みを活かす転職の自己PRとは「自分のミッション」を伝える事

面接は短い時間で信頼を得ることが重要です。人間は知らない人を好きなることはできません。

自分がどんな人で何を大切にしているかを伝える事で、面接官から信頼を得る事ができます。

⑨強みを活かす転職の職務経歴書は「要約文が命」

要約文には自分の強みや達成した成果を簡潔にまとめ読みやすいものにしましょう。数字を使い、要点よくポイントを短く伝える事で面接官に印象を残しましょう。

要約文が読まれずには本文が読まれる事はありません。

⑩強みを活かす転職の面接は「逆質問からが本番」

強みを活かす面接は質問力が重要。良い質問をすることで、課題抽出力と課題解決能力をアピール。

質問で自分の価値を高めましょう!

面接に関する記事はこちら

強みを活かす転職の転職は次が決まるまで「絶対にやめない」

強みを活かす転職は「長期戦」次の仕事が決まるまで現職は絶対辞めない。ブランク期間は企業側に余計な疑問を生じさせ、転職のハードルが上がる。

給料交渉もきかなくなるので、強みを活かす転職に焦りは禁物。

⑫強みを活かす転職は「成長し続ける人材」が成功する

成長を続ける人材は魅力的。成長とは強みを活かし長所を伸ばす事。

魅力的な人材は成功確率も高い。

まとめ

強みを活かす転職活動において大切な12の心得をお伝えしてきました。

自分の強みや経験を活かし、自分に合った企業や職種を見つけることができれば、転職後のキャリアも充実させることができます。

転職は焦りは禁物です。どのステップでも焦らず、じっくりと取り組むことが成功への鍵となります。

この心得を活かして、あなたの転職活動が成功に結びつくことを願っています。

目次